地域活性化事例①(藤野;芸術の道)

 地域活性化事例として、これから様々な事例をご紹介したいと思います。なお、内容についてはヒアリングしていないので、あくまでも私の主観、印象のみの記述になります。従って事実と異なる記述や見落としていることもあることをあらかじめご了解ください。

 最初に相模原市の藤野の芸術の道をご紹介します。文献などによると昭和61年に「藤野ふるさと芸術村構想」の理念が提唱されて、最初は神奈川県や旧藤野町などの行政と、観光協会、各種団体、スポンサー企業などが中心となって、事業の企画、運営を行ってきたとのことですが、現在は主体が市民や在住芸術家へと移行し、市民自らが事業の企画、運営を行っているとのことです。

 私も様々な地域活性化に取り組んで来ましたが、これは理想的なプロセスであると考えます。当初の行政主導から市民・住民主導へのプロセスが実現することはそれほど多くありません。

 現在の藤野地区は芸術村にふさわしい様々な施設が存在し、様々なイベントが行われています。また、芸術を志す人々以外に、緑豊かな環境にひかれて、農業を基本に自然と共存する永続可能なライフスタイルを目指す人々も移住してきているようです。地域の方々や新たな移住者により様々な取り組みやイベントも行われています。

 そこで今回、芸術村の主要事業として行われた「芸術の道」と「神奈川県立芸術の家」、2010年にオープンした「ふじのアートビレッジ」に行ってきました。

 芸術の道は、約30点ほどの彫刻やオブジェが道路沿いに点在し、2時間ほど歩いて見て廻りました。いずれも意欲的な作品で見ごたえがありました。しかし、残念なことに、平日のせいだったかもしれませんが他の見学者には会いませんでした。

 また、作品群も経年劣化で塗装が剥げていたり、作品案内板に苔がこびりついていたりでメンテナンスが良くありませんでした。

 神奈川県立の芸術の村は平日ですが団体の利用者が利用していました。ふじのアートビレッジは土日が出店者も多くなるようで、行った日は平日なので客が多くありませんでした。

 以上、駆け足での見学でしたが、独断で整理すると以下のことが言えるのではないかと思います。

 第1に理念に基づいた地域振興が30年以上にわたって継続していることに素晴らしさを感じます。さらに繰り返しになりますが行政主導から民間主導へとリレーされていることは、これもまた素晴らしいことだと感じました。 

 第2に芸術の道の彫刻、オブジェのメンテナンスを日常的に行う仕組みづくりが必要と感じました。最近は話題性にも欠けているのではないでしょうか。ハードは一度完成した後、常に新たな話題性を提供する継続的な取り組みが必要と考えます。そのためにも数年に一度は改たな彫刻やオブジェを地元在住の芸術家から公募することや、芸術の道に関連するイベントなどを行うなどの話題性提供が必要なのではないかと感じました。

 ふじのアートビレッジは土日に再訪したいと思います。

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001136j:plain

芸術の道に隣接した蕎麦屋

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001313j:plain

オブジェ

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001344j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001406j:plain

目玉が見える

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001438j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001455j:plain

一部塗装が剥げている

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001526j:plain

苔で汚れた表示板

f:id:WatanabeNobuaki:20190708001615j:plain

住みたいと思うような住宅

 

薬物防止キャンペーン

 南九州を中心に大雨が心配されますが、大和市でも昨日は朝方大雨でした。そんな中で、午前中はイコーザで茶道の稽古でした。午後3時過ぎからは、鶴間のイオン、ヨーカドーで行われた薬物防止キャンペーンに参加しました。薬物使用は最近も社会を賑わしているため、市民の関心も高いように感じました。

f:id:WatanabeNobuaki:20190705131652j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190705131710j:plain

 

明治神宮

 18日に朝7時から桜ヶ丘を出発してバスで明治神宮に参拝しました。神奈川県内の明治神宮崇敬会の6月恒例行事です。今やどこの観光地でもそうですが参拝者は外人が多いですね。境内の花菖蒲も見頃でした。

 その後、浅草浅草寺にも参拝しましたが、時間がないため急いで電車に乗り換えて湘南高校の大和、相模原地域のOB会である湘北支部役員会に向かいました。

f:id:WatanabeNobuaki:20190705130915j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190705130942j:plain

明治神宮境内の花菖蒲は見頃でした

f:id:WatanabeNobuaki:20190705131036j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190705131053j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190705131129j:plain

浅草寺からのスカイツリー





 

横須賀三浦稲門会

 15日に大和稲門会からの来賓として横須賀三浦稲門会の総会に出席しました。横須賀ということもあり、講演会は海上自衛隊の1等海佐が登壇し、「ソマリア沖の海賊対処」についての話をお聞きしました。海上輸送を海賊から守るための活動の実態は非常に興味深いものでした。我々の海外からの食糧、原材料などがこのような方々により守られていることを改めて感じます。

 懇親会では、早稲田卒業でもある上地市長が駆け付けて挨拶していました。その中で住友重機の一部用地が市に無償譲渡された経緯について触れていました。今までは横須賀市が勝手に構想を描き住友重機にプレッシャーを掛けていたこともあり、市長を含め市の関係者は役員にも会えなかったととのことです。しかし下地市長が今までの構想を全面撤回して、住友重機に白紙の姿勢で真摯に向かい合ったために、会社側が理解を示し、無償譲渡に結びついたようです。残りの土地も土地利用について、当然話し合いが開始されることと想像します。

f:id:WatanabeNobuaki:20190616011307j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190616011338j:plain

 

桜ヶ丘の活性化

 昨日の夕方から、鹿島建設用地に進出が決まった放電精密加工研究所さんが、施工する会社と共に、建築計画の概要と説明会の開催についてのご案内に周辺自治会に挨拶に来られました。私も自治会側で同席させてもらいました。竣工は来年の7月末の予定とのことです。
 建築中の安全対策や稼働後の周辺対策以外に、地域活性化のために法人消費は地元企業を利用するようにお願いしたところ、快く対応して頂ける感触を頂きました。パート等の地元雇用も検討するとのことです。企業進出で地元が活性化することが、桜ヶ丘にとって、小さな一歩ですが大きな一歩とも言えます。

大和稲門会ハイキング

 絶好の晴天に恵まれた中、今日は大和稲門会のハイキングの催しに参加しました。行先は横浜の港の見える丘公園山下公園です。港の見える丘公園に隣接するローズガーデン、山下公園のバラ園と、今日はバラの甘い香りに包まれた一日となり、幸せな気分に浸りました。バラの最盛期でもあり多くの人出で賑わっていました。参加者の諸先輩がたも70歳台から80歳台の方々が多かったのですが、無事に歩き切りました。

f:id:WatanabeNobuaki:20190523232909j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523232925j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523232943j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233001j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233016j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233033j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233052j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233107j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233132j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233151j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233214j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233230j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233247j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233323j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233347j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190523233404j:plain

 

第3回桜ヶ丘朝市

 5月19日の日曜日は、好天に恵まれ桜ヶ丘朝市は大盛況でした。役員は朝8時に集合して、10時からの朝市開始の準備をしました。10時から始まり午後2時までの開催でした。今回は3回目の朝市ですが、前回同様大勢の皆様に来て頂きました。役員の皆様お疲れ様でした。

 

 

ご支援ありがとうございました!

 22日の開票結果は残念なこととなりました。ご支援いただいた方々には力不足で誠に申し訳ありませんでした。次の23日はさすがに、何をするにも気力がわきませんでしたが、選挙事務所の撤収作業などに追われた一日となりました。

 その後は、ご支援いただいた方々へのお礼の挨拶に廻る日々です。挨拶に廻ると皆様暖かい言葉を頂き、改めて申し訳なく思い、さらに残念に思うと同時に、次回もチャレンジする気持ちが湧いてきます。

 4年間、じっくりと桜ヶ丘や大和市全体のまちづくり、産業振興、財政問題などを考えていきたいと思います。

 昨日は、あいにくの雨となりましたが、そんな中で夕方から渋谷中学校同窓会の幹事会が桜ヶ丘で行われました。幹事会に先立ち、午後1時から有志9人が高座渋谷駅に集合し、同窓生の物故者の墓参りツアーを行いました。同窓生約200人のうち、物故者は12~13人程度ですが、そのうち高座渋谷、桜ヶ丘に墓石のある方々が8名です。高座渋谷から桜ヶ丘まで徒歩を中心に墓石を巡り、8名の物故者に花と線香を手向けてそれぞれの思いを伝えてきました。

f:id:WatanabeNobuaki:20190428161823j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190428161910j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190428161930j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190428161953j:plain

 

 

選挙選終了

 後援者の皆様、地域の皆様に支えられて、1週間の選挙戦が終了しました。長いようで短い1週間でした。

 告示の14日は、街宣カーで地域を廻りましたが、次の月曜日から金曜日の午前中まで1日2万5千歩、多い時は3万歩、所謂「桃太郎部隊」を結成して地域を廻りました。桃太郎を行っている他の候補者はほとんど見かけませんでしたが、地域の皆様には肉声でお話しできたのではないかと思います。金曜日の午後から昨日まで再び街宣カーに乗り、大和市南部を中心に廻りました。

最終日の20には、街宣カーで廻りながら、途中で骨董市に立ち寄り、街頭演説を行いました。

 夕方は、午後6時半から桜ヶ丘駅東口、午後7時半から桜ヶ丘駅西口でそれぞれマイク納めの街頭演説を行い、長い選挙戦の戦いが終わりました。

 本当に、後援者の皆様、選挙にご協力いただいた方々、温かい言葉を掛けていただいた地域の皆様に感謝します。気持ちの良い快晴に恵まれた今日ですが、あとは静かに結果を待つだけです。

鹿島建設用地への企業進出の内容

 4月3日に鹿島建設と進出企業の方が挨拶に来られたことは、前に触れました。その時点では企業名をまだ伏せておいてくださいとのことでしたが、ようやく解禁です。

進出企業は㈱放電精密加工研究所です。本社は厚木市飯山にありますが、ジャスダックに上場されている有望企業です。座間事業所にあった機械装置等の部門で、高精度プレス機の設計製造販売、加工技術の開発の部門が鹿島建設の用地に移転してきます。

 この企業進出が決まった要因は2つです。1つ目は鹿島建設が我々地元要望に沿った土地利用にかなう企業を我慢強く探してくれていたこと。2つ目は私の2回に渡る産業振興の一般質問をもとに企業活動振興条例が制定されたことです。2016年6月の2回目の一般質問の後、担当課長との個別面談で条例化を進めるとの確約を頂いていました。

 とにかく昼間人口が増えるような土地活用を働きけるるという4年前の公約が、果たせたことになり、桜ヶ丘にとっても、大和市にとっても画期的と言えると思います。

選挙活動の毎日

 毎日、選挙活動に追われる日々です。朝5時前に起きて、駅頭を8時まで行い、そのあと、街宣カーを見送り、次に歩いて地域を廻る桃太郎に専念しています。街宣カーに乗ったのは、最初の1日だけです。今日は、私を入れて6人で、午前10時から夕方4時過ぎまで、合計2万5千歩の歩行数でした。これから、月曜日に続き、コミュニティセンター桜丘会館で夕方7時から個人演説会を行います。是非、聞きに来て下さい。お待ちしています。

 

甘利衆議院議員来所

 告示日の今日の夕方、甘利衆議院議員が渡辺のぶあき選挙事務所に、激励のためわざわざ駆け付けていただきました。保守系の議員の選挙事務所を廻っていらっしゃると思いますが、大変ありがたく挨拶させて頂きました。

f:id:WatanabeNobuaki:20190414232215j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20190414232309j:plain