クラス会、同窓会雑感

  今日も朝から冷たい雨で冬の気候ですね。そんな中、朝5時半に起きて、国政選挙の朝立ちのお手伝い。明後日まで3日間続きます。
 朝立ちのあと、雑用をこなして、夕方から茅ヶ崎で高校同窓会の準備会。
 ここでクラス会、同窓会についてお話したいと思います。
 よく言われますが、60歳を過ぎると、昔の仲間が懐かしくなります。ご多分に漏れず、私も中学、高校の友人達と会ってよく話す機会が多いのも確かです。 
 まず中学校ですが、2つの小学校の生徒が集まって大和市立渋谷中学校に通学していました。当時は1学年200人、4クラスでした。現在大和市に在住しているのは約70名です。中学の同窓生達とは、年に1回同窓会をして、その為の準備会と称した幹事の楽しい飲み会が、年に4~5回あります。やはり中学の友人達は気を使わなくとも、直ぐに昔の関係に戻り、楽しい時間を共有できます。
 同じように高校のクラス会も毎年行っています。高校も大和市の隣の藤沢市でした。その為クラスの仲間も多くが藤沢市茅ヶ崎市鎌倉市などの湘南エリアに住んでいて、準備会も年4~5回あります。今日もそうでしたが、やはり楽しい一時でした。
 これは地元の中学、高校に行き、地元に住んでいることの最大のメリットだと思います。
他に高校のクラス横断的な集まりが年2回あります。
 さらに大学のOB会である大和稲門会、高校のOB会である湘北支部の役員としても活動しています。
 このように、青春時代の多くの地縁関係に恵まれた環境は、昔が恋しくなる年代にとって、非常に有りがたいものとつくづく感じます。
 地域の皆様や後援会の皆様の支えがあって、はじめて議員活動が成り立つのですが、このような青春時代の仲間も貴重だとつくづく感じる今日この頃です。

雨の一日ですが

 今日は、生憎雨天で肌寒い日になってしまいました。でも様々なイベントが盛り沢山な一日です。
 最初は、桜丘小学校で行われる予定でしたが、地域ふれあい広場が10時からの予定でした。中止になりましたが、仕入れた野菜や食材を安価で販売していました。皆さん行列で大量買いしてもうすぐ売り切れです。最初の写真は販売会場となった体育館です。


 そのあと、急いで高座渋谷駅に行き、渋谷よさこいの開会式に参列しました。大和市内外から27チームが参加する大和市有数の祭りです。 雨のためにストリートの演舞は中止となり、駅前ロータリーのみの演舞となりました。
 参加チームの中に、よく知っている鴨下さん率いる「けんこう体操カモの会」もありました。水色のTシャツを着て元気一杯です。出演前の写真をぱちり。


 そのあと、柳橋のコミセンで行われているコミセンまつりにお伺いしました。雨ですが、テントの出店と屋内のバザールなどで賑わっていました。

f:id:WatanabeNobuaki:20171015142512j:plain

体育館の軒先で野菜、屋内で仕入れた食材などを販売していました。

f:id:WatanabeNobuaki:20171015142625j:plain

オープンセレモニーでの市長挨拶

f:id:WatanabeNobuaki:20171015142856j:plain

渋谷よさこいオフィシャルチームの「夢恋連」の演舞

f:id:WatanabeNobuaki:20171015143103j:plain

鴨下さん(一番右)とその仲間たちf:id:WatanabeNobuaki:20171015143233j:plain

 「けんこう体操 カモの会」の演舞

f:id:WatanabeNobuaki:20171015143338j:plain

柳橋会館入り口

f:id:WatanabeNobuaki:20171015143402j:plain

屋外の焼き鳥、焼きそば売店

f:id:WatanabeNobuaki:20171015143424j:plain

屋内のバザール会場入り口

行政視察報告

 10日から12日までの行政視察での報告です。

 最初は北九州市のロボット産業施策を視察しました。大和市もロボット産業特区に指定されているため非常に興味深く話をお聞きし、質問もさせて頂きました。

 北九州市新成長戦略は以下の方向性で進められています。

 1.地域企業が元気に活動し続ける環境整備

 地域企業のビジネス展開を推進する組織横断的な体制整備や、中小企業等の競争力向 上、地元企業の高度化など

 2.高付加価値ものづくりクラスターの形成

 次世代自動車産業拠点形成やロボット産業拠点の形成、環境産業拠点の形成など

 3.国内潜在需要に対応したサービス産業の振興

 高齢者を中心とした健康、生活支援ビジネス推進やサービス産業の高付加価値化など

 4.グローバル需要を取り込む海外ビジネス拠点の形成

 アジアに貢献する都市インフラビジネスの展開や北九州ブランドの海外ビジネス支援

 5.地域エネルギー拠点の形成

 省エネルギー再生可能エネルギー、水素エネルギーの推進など

 6.雇用創出

 この中でロボット産業は、大きな位置を占めていると考えられます。

 基本方向1、2、3、4、5全てにかかわりを持ちます。

 

 以上の北九州市成長戦略において、重要な拠点として「北九州学術研究都市」が平成13年4月にオープンしました。理工系の国、公、私立大学や研究機関が同一のキャンパスに集積しています。また、コーディネーター機関として「公益財団法人 北九州産業学術推進機構」が大きな役割を果たしています。同法人の平成27年度の事業費は19.8億円です。

 その中で、ロボット産業クラスターの形成に関しては、民生用(サービス)ロボットの開発支援、地域企業のロボット導入支援などを行っています。また産業用ロボットに関しては、中小企業へのロボット導入支援やそのための補助金、さらに導入支援センターなどもあります。インフラ点検ロボットの実用化支援なども行っています。

 以上が北九州市の産業施策、ロボット産業施策の概要です。

 大和市においてどのような点が参考になるかですが、北九州市とは、大学を含めた学術研究機関の集積や、力を持った企業集積など比べようもないのは確かです。

 しかし、小規模といえども、ロボット産業を核とした、産業施策において、冒頭掲げた1、2、3については参考となる点も多いと考えます。

 大和市においては中少企業等に対するロボット導入補助金制度は既に行われていますが、より積極的に1、2、3の施策を大和市の実情に合わせて検討すべきであることを強く感じました。今後の私の研究課題とします。

 

 次に福津市のコミュニティ・スクールを視察しました。

福津市は、子どものより良い学びや育ちを支える学校・家庭・地域が連携、共働して取り組む教育活動の充実とともに、学校を核とした地域づくりの視点を取り入れたコミュニティ・スクールの充実・深化を目指しています。

 言い方を変えれば、「地域とのかかわりの中で郷土愛を育み、地域の将来を担う子ども達を育て。循環型の地域社会づくり」が目標であり、様々な地域ボランティア活動などへ、子ども達が積極的に参加しています。また公益活動などの体験などにも参加しています。

 「徳育」を重視することによって、学力も向上したとのことです。

しかしながら、このコミュニティ・スクールを実現するためには、学校、家庭、地域の理解と連携が不可欠であり、実現の壁が高いとも感じました。地域とともにある学校づくりへの理解を得ることや、住民ボランティアによる「郷育カレッジ」などの地域側協力体制も不可欠です。大和市でもできる「徳育」の在り方を模索することから始めることかなと感じました。

 最後に、アクシオン福岡を視察しました。この施設はスポーツ科学情報センター、総合プール、総合射撃場など県立の施設です。これら施設を指定管理者として「公益財団法人 福岡県スポーツ振興センター」が運営しています。

 スポーツ科学情報センターは、メインアリーナ、サブアリーナ、研修室、会議室、宿泊室、健康体力測定室、トレーニング室などの施設内容となっています。

 特徴的なのは、「タレント発掘事業」で、子ども達の運動能力を見極め、様々なスポーツの実践を通して、将来トップアスリートを育てるプログラムです。小学生4年から中学1年生までを対象に、現在では年間5万人が1次選考会に参加しています。既に多くのトップアスリートを輩出しているとともに、受講生の体力測定結果の通知などを通じて、子ども達の体力作りや健康づくり、父兄や学校関係者の意識変革にも寄与しているとのことです。

 同財団は、他に研修事業、スクール事業や様々な学校スポーツなどに関する情報提供事業などを行っています。特にfeweb(福岡スポーツウェブ)は興味深いコンテンツが掲載されており、一見の価値ありです。

 大和市でも、児童の健康測定などの結果を診断するソフト提供などを受けて、実施することが考えられます。福岡県にある一部測定器具が、大和市ですぐには用意できないことの制限もあるかもしれませんが、検討に値すると考えます。

 

 以上は今回の行政視察の概要のご説明となりますが、内容についてのお問い合わせがあれば、是非お願いいたします。

 

行政視察

 明日から3日間、文化市民経済常任委員会の行政視察に行ってきます。視察対象は福岡県の北九州市博多区などでロボット産業、コミュニティスクール、スポーツ振興センターなどを視察します。大和市の行政に生かすべくしっかり視察して、その概要は視察後にこのブログで公開します。

気持ち良い天気

 あまりブログにはプライベートなことは載せないようにしているのですが、昨日は長男の結婚式でしたので、その一部の写真を掲載します。

f:id:WatanabeNobuaki:20171009172910j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171009165729j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171009165801j:plain

 

 今日もまさに秋晴れの気持ち良い一日でした。そんな中で、支援者へのご案内資料を配布するために駆け回りましたが、真っ青な空に癒されました。引地台公園から見えた大山と公園の風景を載せておきます。

f:id:WatanabeNobuaki:20171009170401j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171009170425j:plain

 他に、地域の方々から要望のあった箇所で市役所の担当課に改善をお願いしていた場所も見てきました。写真の違法駐車箇所は、従前、消防車、救急車、ゴミ収集車、宅配自動車などが侵入できず、地域住民が大変困っていた場所です。

 もう10年以上、市や警察に申し入れても改善されないとのことでしたが、今回、市に相談してから2か月弱で違法駐車がなくなっていました。10年以上改善されていなかったのが、このように短時間で改善されたのは驚きです。以下、従前写真と改善後の写真を掲載します。他に市道の窪みも1週間ほどで改善されていました。
 

 来週、担当課に御礼に伺います。

 

f:id:WatanabeNobuaki:20171009171124j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171009171033j:plain

うまいもの市

 午前中は、裏千家のお茶のお稽古でした。
 そのあと、大和駅前のプロムナードで行われている「うまいもの市」に行き、一廻りしたあと「名誉県民」にして頂いている三重県人会のブースで販売のお手伝い。伊勢うどん、あおさ、ひじき、それに3種類の海苔の佃煮など三重県からの直送品を割安で販売しています。お客様の呼び込みなども面白いです。
 明日もあるので、皆様早いうちにお出掛け下さい。かなり速いペースで商品が売れています。もう伊勢うどんは、在庫がほんの少しとなってしまいました。
天気にも恵まれて絶好のイベント日和です。

f:id:WatanabeNobuaki:20171007172058j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171007172119j:plain

海苔の佃煮、昆布入りの海苔佃煮、わかめ入りの海苔佃煮の3種類

f:id:WatanabeNobuaki:20171007172147j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171007172210j:plain

大和市戦没者追悼式

 午前6時半からの大和倫理法人会に出席して、冒頭3分間スピーチをしました。内容は市議会議員の活動を見る際の1つの視点として、なぜ市会議員になったのか、何を行うために市会議員になったのかとういう「志」と、その「志」に基づく活動内容を見ることも大事であることと、65歳以上でも人様のお役に立てることで働けるありがたさについてお話ししました。

 今回は3分スピーチでしたが、20日には40分の講話を行います。

 10時からは、大和市戦没者追悼式に参列して献花しました。議員になってからの参列なので、今年で3回目の参列です。しかし、3年前から比べても明らかに遺族出席者の数が減少しています。尊い犠牲のうえに成り立っている今の日本の平和を維持するためにも、戦争体験や遺族の声を伝え続けていくことが必要ですが、あまり時間がないことも確かです。

f:id:WatanabeNobuaki:20171006131539j:plain

 

市議会議員の年間の動き

 昨日は中秋の名月を堪能しました。自宅に帰る途中で4~5分、明るく輝く月を見上げて見入ってしましました。

 今日は、市議会議員の日々の活動を、大きな年間の動きでご紹介します。

 まず、6月、9月、12月、3月の市議会定例会がそれぞれ1か月ほどあります。私の場合、定例会前の2週間ほどから一般質問の準備に入ります。(これは議員によっては、それぞれだと思いますが。)一般質問のテーマに関連する資料やデータ収集、読み込み作業をもとに一般質問の骨子を作成します。一般質問の原稿は、総務常任委員会開催日に設定されている通告締切日にはほぼ完成させておきます。

 また、9月議会は決算、3月議会は予算を審議するので、そのための準備もあります。

 議会終了後は、一般質問の速記録をもとに、市の広報である「議会だより」と個人的な市民の皆様向けの「議会報告」の原稿を作成します。当然「議会報告」は郵送や地域

への配布を行う作業を伴います。今回の9月議会の原稿については、昨日までに終了しました。

 以上が議員活動の重要な部分ですが、その他に季節に応じた様々なイベントや催事などもあります。

 最初に4月、5月は総会シーズンとなります。3月決算を終えた各種団体等への総会開催のご案内が届き、出席させていただきます。また、最近は運動会を春に行う学校もあります。

 7月、8月は夏祭りシーズンです。今年も数多くの夏祭りに参加させていただきました。

 10月、11月は、行政視察が組まれています。また敬老会などの行事や秋の運動会、コミセン祭り、産業祭りなどもあります。さらに9月決算を終えた団体等の総会シーズンとなります。

 昨日も、大和、相模原地域の高校OB会の役員会があり、10月に行われる総会の事前打ち合わせをしました。少し遅れて出席したら欠席裁判で総会の司会進行役を仰せつかることになっていました。

 また、大学OB会である大和稲門会の総会に向けた役員会も9月末に行われ、11月に総会があります。

 12月、1月は忘年会、新年会のオンパレードとなります。プライベートはともかく、各種団体や公式のご案内も多く集中します。

 以上のほかに、日常業務として、地域の皆様の要望にお応えして、市役所の担当窓口に改善等をお願いする業務が数多くあります。

 また、市の行政の質を高めるための研究会参加や、知識習得の研鑽も欠かせません。

さらにまちづくりに関連した研究会や企業訪問等も行う必要があります。

これからも市議会議員として皆様の付託に応えるように頑張ってまいります。

市民体育祭

 絶好の秋日和の中で、桜丘地区の第55回市民体育祭が行われました。

桜丘地区の東西19自治会が、6チームに分かれ、対抗戦で得点を競うものです。

朝9時から夕方3時40分まで小学生、中学生、成人の男女が19の競技を繰り広げました。

私は一日中皆を応援し、観戦し、会場を廻ったりして過ごしましたが、少し日に焼けました。

 残念ながら私の住んでいる自治会は6チーム中最下位でしたが、その後の自治会館での反省会では2020年の優勝を目指して頑張ろうと大いに盛り上がりました。

f:id:WatanabeNobuaki:20171001212109j:plain

子どもを前面に出した応援スタイルが目立ちました。

f:id:WatanabeNobuaki:20171001212211j:plain

運動会定番の綱引き

f:id:WatanabeNobuaki:20171001212253j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20171001212319j:plain

「本日の主役」のたすきを掛けた〇〇〇さん

 

久しぶりの六本木

 港南区役所から、上大岡に出て、京急で都心に向かいました。六本木の国立新美術館の展覧会で高校の友人が出展している絵を見るためです。
 六本木で降りたら、街中で「六本木アートナイト2017」が開催されていました。様々なアート作品も展示されていました。やはり六本木はいつ来ても刺激的です。いくつかの作品をご覧下さい。
また、富士フィルムスクエァではアマゾンの写真で有名な山口大志さんのトークショーもやっていました。しばらく聞き入ってしまいましたが、アマゾンで1枚の写真を撮るための、桁外れな根気と労力がひしひしと伝わって来ました。
 国立新美術館では、目的の友人の絵はすぐに見つかりました。彼にしては、今までと作風の違う絵です。意欲的で素晴らしい絵だと思います。絵の前に立ったら、直ぐに絵の作者の奥さまと娘さんにお会いしました。本人は今日は来れないそうです。娘さんの許可を頂いたので作品も掲載します。

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231425j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231454j:plain

このアートは、あちこちに眼につきましたがこれは国立新美術館前のものです。

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231608j:plain

同じく国立新美術館前の作品

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231656j:plain

ミッドタウンにあった作品

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231742j:plain

写真家山口大志氏のギャラリートークの案内。写真集も出るそうです。

f:id:WatanabeNobuaki:20170930231914j:plain

最後に私の高校時代からの友人の絵画

自治会活性化講習会

 午前10時から12時まで港南区役所で行われた横浜市の「自治会町内会のための講習会」に参加してきました。
横浜市役所所が自治会長の為に活性化をテーマとして行うものです。
事前に横浜市に電話して、出席をお願いしたところ快く参加を認めて頂きました。また、大和市の担当課にはこの講習会があることを情報提供し、参加することを伝えていたのですが、大和市からも横浜市に対して私が出席するので宜しくとの電話があったそうです。
 大和市役所の対応に少し驚きと感謝
なお大和市も次回の講習会には参加したいと言っていました。...
 講師としては、まちづくりコンサルの水津氏と美晴台の自治会長の発表でした。

内容を若干ご紹介します。

最初は合同会社フォーティR&Cの水津さんが「開かれた自治会町内会の運営について」と題しての講演を行いました。その中でいくつか心に残った点を挙げておきます。

①若い世代や一人暮らしの世代、居住年数が浅い世帯には、自発的に参加したり、楽しく参加してもらう工夫が必要。そのため、どのようなきっかけづくりをしていくのかが重要。

②空き家活用として、空き家を改造して低家賃でアーチスト、芸術家を迎え入れ、3か月に1回個展を開くことを条件にホームページで入居者を募集している例がある。

③従来からある自治会の活動のみでは限界があるので、自治会員が自発的に企画運営する活動の場を提供する取り組みや、他の地域と連携して地域一体となった活動の推進などが今後重要。

④自治会の運営については、もう一度原点に戻って、組織や事業の在り方を見直す。

⑤自治会独自の勧誘パンフレットやイベントチラシも重要。また気軽に声掛けできる方法やツールを考える必要。

⑥一般世帯以外に企業団体等に新たな会員になってもらう。

⑦自治会会計をきちんと行うこと。そのためには財産目録や備品台帳、証憑の作成と保存、審議や決定の文書化と保存などが重要。

などでした。

 次に「自治会の活性化と担い手作り」と題して美晴台自治会長の事例報告がありました。これは非常に実践的で示唆に富む内容でした。美晴台自治会は自治会結成から55年を経過し、約700戸の戸建て住宅中心の自治会です。そのうち70歳以上が居住している世帯数は43%とのことです。面白い取り組みをいくつか紹介します。

①碁盤の目状の整然とした街並みなので、特徴を出すために住民アンケートを行い31本の道に愛称をつけて、通り名を示す看板やプレートを付けた。プレートのシンボルマークは地元の子ども達に描いてもらった。

⇒世代を超えた様々な年代層の人たちを動員できた。新しい人材も発掘できた。地元意識、地域連携が高まった。

②空き家を利用してお絵かきのイベント開催、憩いのスペースとして活用などを行っている。

③路上や駐車場などでの落書き会

 他にも面白い取り組みが盛りだくさんですが、最も重要だと思ったのは、一度班長や自治会役員経験者になった方々をサポーター制度を取り入れて、夏祭りなどの自治会行事に参加してもらう制度を取り入れたことです。サポーターの70%が働いている世代であり、今年の夏祭りではサポーター26名中14名の協力があったということです。(26名中6名はたまたま予定が重なり、今年は協力できなかったとのことです。)

 今後もサポーターは増やし続けるとのことでした。

f:id:WatanabeNobuaki:20170930230447j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20170930230519j:plain

秋の議会報告バスツアー

 今日、やっとバス会社から秋の渡辺のぶあき後援会の議会報告を兼ねたバスツアーのスケジュールが届き、内容が確定しました。

 11月7日(火)で、今回は都内方面へのツアーとなります。(昨年は千葉方面でした。話題となった濃溝の滝も見学しました。)

 見学先は、話題となっている築地場外市場歌舞伎座がメインです。他に昼食はホテルバイキングです。是非、ご参加くだされば幸いです。