公私ともども

  18日の午後から、高校の同じクラスの友人が演奏する音楽会に行って来ました。場所は戸塚です。バンドは、友人が同じく高校のバドミントン部の仲間達5人と結成したものです。演奏は尻上がりに乗ってきて、最後のほうは聞き応えがありました。高齢者の趣味と侮っていましたが、彼らは結構本気です。
この演奏会に同じクラスの仲間が8人も来ていました。結束が強いです。

 そのあとブルーラインに乗って夕方から、桜ヶ丘子ども朝市でお世話になっている「特命子ども地域アクター2019年度成果報告会」に参加しました。事例報告で桜ヶ丘子ども朝市が特命アクターにお世話になった経緯や、果たしてもらった役割、これからの展望や特命アクターに期待することなどをお話ししました。今年も子ども朝市に協力して頂けそうです。但し他と重ならない日程調整が必要ですが。

 

f:id:WatanabeNobuaki:20200220132914j:plain

高校同級生のバンド

f:id:WatanabeNobuaki:20200220132941j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200220133005j:plain

 

促進協議会全体会議

 今日の午前10時から、コミュニティセンター桜丘会館で、県道丸子中山茅ケ崎線促進協議会の第2回全体会議が行われました。

 議題が終わった後、質疑応答の中で重要な点がいくつか明らかになりました。

1.令和3年度末までの工期については、明確な答弁は避けましたが、延長になる可能性があるという印象を受けました。(この点については出席委員である市議会議員からも、予定工期内で終了できるよう最善を尽くしてほしい旨の要望がありました。)

2.桜ヶ丘交差点については、住民要望を重く受け止めて警察協議を行っていること。警察との協議が終われば、再度住民説明会を開催すること。

(この点についても、委員から住民要望に沿わない回答があった場合は、事業進捗に影響が出るとの懸念も出されました。)

3.光ヶ丘久田線の筋違い解消と歩道整備は、令和2年の12月頃に完成予定であること。

会議終了後、東部センターの方と話しましたが、桜ヶ丘交差点については、我々の要望をくみ取る形で協議を続けているようでした。東部センターの担当の方々の粘りに期待しています。

 

地区住民の要望

社会を明るくする運動」に参加した後、歩いて桜ヶ丘に戻りました。そのあと、「谷戸自治会内の開発に伴い、全面道路が狭いので見てください」という住民要望があったので、メジャーを持って現場に行って来ました。確かに道路幅が3.4メートルしかなく、しかも電信柱が飛び出しており、車のすれ違いは不可能です。

 しかし、開発エリアに沿って道路幅を調べたら4メートルは確保されていました。道路中心線を確認する必要がありますが、推測するに開発側より、向かい側の敷地がセットバックしていないことが原因ではないかと考えられます。

 一番良いのは向かい側敷地境界を中心線から2メートルセットバックしてもらうことですが、次善の策としては電信柱を敷地内に移設してもらうことです。自治会長にお話しして、まずは地権者を明らかにすることから始めようということになりました。

f:id:WatanabeNobuaki:20200211173156j:plain

ここから道路幅が3.4メートルになっている。

f:id:WatanabeNobuaki:20200211173253j:plain

向こう側は道路幅4メートルが確保されている。

社会を明るくする運動

大和市社会を明るくする運動地区集会に参加しました。場所は光丘中学校です。市長挨拶などの後、「進化するネット犯罪」と題した講演があり、そのあと光丘中学校ブラスバンド部の演奏を楽しませていただきました。

f:id:WatanabeNobuaki:20200211172105j:plain

 

桜ヶ丘活性化への期待

旧宝幸水産の鹿島建設用地を取得した放電精密加工研究所の工事が進んでいます。あと6カ月で工事が完成し、約50人の従業員が勤務するとのことです。桜ヶ丘の活性化の起爆剤となることが期待されます。2期工事が行われば更に50人で合計100人となります。是非2期工事も行って欲しいと思います。

 

f:id:WatanabeNobuaki:20200131111058j:plain

 

商工会議所のイベントが続いています。21日は、かながわIT推進協議会の賀詞交換会がありました。24日は、サービス業部会の新年会ですが、先立って講演会を聞きました。講演タイトルは「SDGsへの取り組みによる企業価値向上、経営改善」です。きちんとSDGsを勉強する良い機会でした。

f:id:WatanabeNobuaki:20200131110417j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200131110303j:plain

SDGsの講演会

 

桜ヶ丘交差点

1月17日の午前中に厚木土木事務所東部センターに新年の挨拶を兼ねてお伺いしました。目的は、昨年12月の住民説明会での住民意見に対する対応をお聞きすることでした。現在の重厚長大な歩道橋のみで道路横断させるのでなく、平面での横断歩道を計画すべきという住民意見に対する対応です。その結果、まだ具体的な変更協議は行っていないが、説明会での住民意見は大変重く受け止めているとのことでした。まだわかりませんが、平面での横断に一縷の望みが繋がっていると感じました。今後も継続的に住民意向を伝えて行きます。

鎌倉ハイキング

13日は、高校時代の同級生「ろば耳登山部」とその仲間で鎌倉の山の新春ハイキングに行ってきました。1968年高校卒業の33組で「ろば耳」と名付けて毎年クラス会をやっていますが、幹事会と称した飲み会やハイキング、ゴルフなど多数のイベントが数多くあります。
今日は、北鎌倉駅から高徳院鎌倉大仏)までのハイキングです。集合が北鎌倉で、最初に海蔵寺化粧坂を登って銭洗弁天、そしてハイキングコースを通って、鎌倉大仏へのルートでした。途中、昨年の台風の影響による倒木も多く見かけました。
しかし、快晴の中、素晴らしい一日でした。

f:id:WatanabeNobuaki:20200131104710j:plain

切通

f:id:WatanabeNobuaki:20200131104831j:plain

海蔵寺

f:id:WatanabeNobuaki:20200131104918j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200131104947j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105019j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105044j:plain

所々に倒木

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105203j:plain

銭洗い弁天

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105337j:plain

途中、海の眺望

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105443j:plain

大仏前で友人と

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105517j:plain

大仏様

f:id:WatanabeNobuaki:20200131105547j:plain

有名な与謝野晶子の歌碑

 

親和クラブ新年会

 11日は桜ヶ丘親和会の老人会である親和クラブの新年会がありました。54名の参加ですが7割以上が元気な女性陣です。乾杯の挨拶でもお話ししましたが、良く話すことが元気の源だと思います。その意味では、この親和クラブの存在が健康に大きな役割を果たしているのではないかと思います。今年も多いにおしゃべりして笑いあいましょう。勿論、男性もおしゃべりな方々は元気です。

賀詞交換会

 最近、ブログの書き込みを怠っていますが、すこぶる元気に過ごしています。昨年末は忘年会や各種イベントが重なり、大晦日は23時半から左馬神社、金毘羅神社、福田神社の3つの初詣をして、午前2時半に帰宅しました。
 新年になってから、公式の新年会は現在まで2回です。最初は新年4日の桜ヶ丘親和会の新年会でしたが、和気あいあいの雰囲気で進みました。市議会議員3人の挨拶のあとに、桜ヶ丘まちづくり市民協議会の会長として挨拶を求められました。役員の方々の配慮ですが、12月19日の住民説明会の様子をお話ししました。後半には金毘羅神社のお囃子の方々が来て獅子舞などを披露して頂きました。
 昨日の8日の大和市賀詞交換会は、賑やかな雰囲気の中で旧知の方々にできだけこまめに挨拶して廻りました。皆さん、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

f:id:WatanabeNobuaki:20200109134522j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200109134903j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200109134928j:plain

f:id:WatanabeNobuaki:20200109134946j:plain

 

住民説明会終了

 住民説明会が終わりました。説明会場には何と100人前後の住民が出席しました。東部センターに言わせると住民説明会にこんなに多く集まったのは初めてとのことでした。
15分前後の説明の後、質疑応答に移りましたが8時5分までの50分間は住民の側から熱心な意見が出されました。私はまちづくり市民協議会の立場から冒頭に東部センターに対して住民説明会開催の謝辞を述べた後、バリアフリーなまちづくりをする観点から、いくらバリアフリーな歩道橋を作っても、歩道橋自体がバリアとなり、特に高齢者や住民は利用しないと思われるが、今日のこの機会に住民の声を多く聞き、それを真摯に受け止めてほしいと発言しました。あとはなるべく発言を控えて他の方々の発言を聞いていました。
 発言の中で、スロープが片側100メートル、合計200メートルとなる歩道橋は皆利用しないなど現在の計画を見直すべきという趣旨の発言が多くありましたが、そのたびに会場から拍手が沸き起こりました。また桜小PTA役員の方から、子供の通学路確保のために歩道橋を設置するという理由で、平面での横断歩道を廃止し、高齢者などの犠牲を強いるようであれば、そのような理由を使ってほしくないという発言もあり、これも大拍手でした。
 このように現計画に反対の声の大きさに行政側もたじたじでした。これを機会に行政側も現在の計画を見直してくれれば良いのですが。
 これからも紆余曲折があると思いますが、根気強く行政側と住民本位のまちづくりについて議論し、その実現に取り組んでいきたいと思います。